株式会社ショクシンについて

水産卸・水産加工・水産販売・飲食「川上から川下まで魚のソムリエとして提案」

『日本一の魚屋になりたくて』

魚の総合プロデューサーである株式会社ショクシンは、各産地の新鮮な魚介類や養殖魚をメインとして、まぐろ・えび・かに・冷凍魚・青物ならびに海産物の水産物全魚種にわたっての産地買付、水産加工、及び卸の販売を行い、水産物総合仲卸商社として特性を維持し、鮮魚販売コンサルティング・スーパーテナント事業として魚のソムリエ活動もしています。

魚の流れのあるところ、川上から川下に至るまで、幅広く携わる場所にいるから見えるものがあります。水揚げされて間もない鮮魚を目の前にして、初めて感じられるものがあります。それは、その魚が先程まで泳いでいた海の豊饒であり、その魚を口にしたお客様の舌の上に広がる豊熟であり、さらにはそれらの狭間であたかも静止しているような濃密な時間。その濃密な時の流れの中でからみ合おうとする魚の魂、お客様の至福の想い。魚をお買い上げいただきお召し上がり頂く際、どのようにすればお客様に最も喜んで頂く事ができるのか?その問いの本質は、魚とお客様をつなぐ表現方法にあると考えます。

鮮度、調理方法、価格、タイミング等その表現方法にはここからしか見えない部分が少なからずあります。株式会社ショクシンは魚屋のプロとして独自の目線による、お客様のニーズにマッチした新しい魚食文化を創造し一人でも多くのお客様と魚のための「日本一の魚屋」を目指します