水産加工事業

担当者紹介・仕事内容

日高伸明(ヒダカノブアキ)

水産卸事業部 営業部

日高伸明

僕は各産地にお伺いさせていただき直接交渉と買付(仕入)を行っています。
今までの経験と実績でいち早く情報を入手し日々変化する状況に対応しています。
適正価格で仕入れないといけない責任があり皆様に喜んでもらってこそ意味があると思っています。
昔の話ですが、社長が仕入れてきたカツオを勝手に販売し、勝手に売るなら自分で仕入れてこい!!と怒られた記憶がいまだに忘れられない。しかし最近では外販先(大手スーパー・チェーン店)への営業活動(売場作りや商品作りの提案)を任されて、四季に応じた提案を前もって商談させて頂いております。商品内容がマッチングしてこそお互いが商売として成立すると思います。自然に満面の笑みがこぼれてきます。

日高進次(ヒダカシンジ)

水産卸事業部 営業部

日高進次

私は、主にお取引先への営業を行っています。 それにより、時期に応じて販売方法や提案の仕方など、さまざまな事を学ばせていただいております。現場の意見が聞きたくて、昔は各店舗でも勉強させていただいた事もあります。長い間魚と向き合っていますが、魚は決して値段だけでは、決め付ける事のできない商品です。特に旬の美味しい魚は、食べるだけで幸せな気分にさせてくれます。僕はそれを自信を持ってお客様に提供し、喜んでいただける様に、日々努力しています!!

田中勝(タナカマサル)

水産卸事業部 青物担当

山口辰也

僕は、青物(イワシ・サバなどの大衆魚)の買付、仕分け、販売を担当しています。特に天然魚の水揚げ状況は、日々変動が激しく季節によってもおおきく変わってくる為に、奥が深くたいへんな仕事ですが、おおきなやりがいや充実感を感じられる仕事でもあります。常に買付への感性、仕分けの工夫、販売への努力を意識し、新鮮さやおいしさ‘旬‘を提供できるように心掛けています。 青物の対しての目利きは誰にも負けない気持ちで日々取組んでいますが、魚は触れば触るほど奥が深く日々気づき学ぶこともあり、まだまだ自分自身の仕事に満足したことはありません。当然の事ですが、お取引先様(その先の消費者関係)の立場で考え、どこよりもいい魚を提案できる力を磨き続け、常に正直な商売を心がけてお客様や仕入先様と共にショクシンも私自身も成長させて頂ければ最大の喜びです。